宝くじに当たる方法

宝くじの当選確率と当選金額とは?当たりやすい宝くじはコレ

ジャンボくじやロト、スクラッチにナンバーズなど…宝くじと呼ばれる抽せんくじには色々な種類があります。

宝くじで多くの現金を手に入れるためには、一体どれが一番当たりやすいのでしょうか。

また、「ジャンボ宝くじのなかでも特に当たるのはどのシーズンだろう」と疑問に思うことも多いですよね。

そこで今回は、宝くじの当選確率や当せん金をまとめてみました。

『少しでも当たりやすい宝くじを買いたい』という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

金額別に見る!一番当たりやすい宝くじとは?

「100万でもいいから当たってほしい!」という人や「1億当てて億万長者になりたい」という人まで、宝くじで当たってほしい目標金額は人によって違いますよね。

そこで、金額別に見る当たりやすい宝くじの当選確率の理論値を調査みました。

100万円~1,000万円未満の場合

100万円以上1,000万円未満で当たりやすい宝くじは、圧倒的に当選確率が高いナンバーズ4のストレートです。

順位 宝くじの種類 当せん金額 当せん確率
1位 ナンバーズ4ストレート 約100万円 1/1万
2位 ハロウィンジャンボミニ2等 100万円 1/5万
3位 バレンタインジャンボミニ2等 200万円 1/10万
ドリームジャンボ3等 100万円
バレンタインジャンボ3等 100万円
サマージャンボミニ3等 100万円
ドリームジャンボミニ4等 100万円
年末ジャンボミニ3等 100万円

1番当たりやすいナンバーズ4のストレートは他の当せん金に比べて少なく感じるものの、あくまで理論上の数値。

ちなみに、ナンバーズ4の場合は開催される回によっては100万円以上の高額金が当せんする場合もあるため、ますます期待が膨らみますね!

1,000万円~2,000万円の場合

高級車が軽く買えてしまう1,000万円~2,000万円の当せん金を狙うのであれば、年末ジャンボの1種の『年末ジャンボプチ』がおすすめです。

順位 宝くじの種類 当せん金額 当せん確率
1位 年末ジャンボプチ1等 1,000万円 1/10万
2位 ミニロト 1等 1,000万円 1/16万9,911
3位 ドリームジャンボミニ1等前後賞 1,000万円 1/100万
サマージャンボミニ1等前後賞 1,000万円
ハロウィンジャンボミニ1等前後賞 1,000万円
年末ジャンボミニ1等前後賞 1,000万円
ドリームジャンボミニ2等 1,000万円
サマージャンボミニ2等 1,000万円
年末ジャンボミニ2等 1,000万円

年末ジャンボプチ1等の当選確率は、他のくじに比べても段違いに確率が高いです。

1,000万円を狙うのであれば、年末ジャンボプチ1等を集中的に買うようにしましょう。

3,000万円~5,000万円の場合

マイホームも夢ではなくなる3,000万円~5,000万円の場合、ジャンボ宝くじのひとつでもある「ジャンボミニ」系の1等当せんが当てやすいです。

その中でも5,000万円と当せん金額が大きいので、『サマージャンボミニ1等』が狙い目です。

順位 宝くじの種類 当せん金額 当せん確率
1位 サマージャンボミニ1等 5,000万円 1/200万
ハロウィンジャンボミニ1等 3,000万円
ドリームジャンボミニ1等 3,000万円
年末ジャンボミニ1等 3,000万円
2位 バレンタインジャンボ1等前後賞 5,000万円 1/500万
第402回レインボーくじ1等 3,000万円
3位 第404回レインボーくじ1等 3,000万円 1/750万

5,000万円という高額の当せん金は魅力ですよね!

ジャンボミニであればどのシーズンの宝くじも同じ当せん確率なので、当選金額の大きいサマージャンボが狙い目と言えそうです。

1億円以上の場合

夢の億万長者の大台に乗るためには、ジャンボ系宝くじの1等や前後賞を当てる必要があります。

500万人に1人の確率ということで、過去の当せん者たちはかなりの強運の持ち主と言えるでしょう。

順位 宝くじの種類 当せん金額 当せん確率
1位 ドリームジャンボ1等前後賞 1億円 1/500万
サマージャンボ1等前後賞 1億円
ハロウィンジャンボ1等前後賞 1億円
2位 ロト6 1等 約2億円 1/609万6,454万
3位 サマージャンボ1等 5億円 1/1,000万
ドリームジャンボ1等 3億円
ハロウィンジャンボ1等 3億円
バレンタインジャンボ1等 2億円
年末ジャンボ1等前後賞 1億5,000万円

バラで一等のみを狙うか、連番で前後賞を含めて狙うか悩みどころですよね。

ロト6の場合はあくまで理論値ですが、ロト系の宝くじで2億円を手にするのも夢ではなさそうですね。

ちなみに、「雷が当たる確率」は1/1,000万だそうなので、数字だけで見れば雷よりも年末ジャンボ意外のジャンボくじ前後賞のほうが当たると言えそうです…!

ジャンボ宝くじの当選確率は?

年に5回発売される「ジャンボ宝くじ」は1枚300円から発売されており、1等の当せん金が何億という金額になるのが魅力ですよね!

宝くじの種類 1等の当せん金額 発売期間 抽せん日
バレンタイン バレンタインジャンボ 2億円 2~3月頃 3月頃
バレンタインジャンボミニ 2,000万円
ドリーム ドリームジャンボ 3億円 4~5月頃 5月頃
ドリームジャンボミニ 3,000万円
サマー サマージャンボ 5億円 7~8月頃 8月頃
サマージャンボミニ 5,000万円
ハロウィン ハロウィンジャンボ 3億円 10月 10月30日
ハロウィンジャンボミニ 3,000万円
年末 年末ジャンボ 7億円 11~12月頃 12月31日
年末ジャンボミニ 3,000万円
年末ジャンボプチ 1,000万円

ジャンボ宝くじには通常の宝くじの他にも「ジャンボミニ」や年末のみ「ジャンボプチ」があります。

シーズンに入るとCMなどでも大々的に行うため、億万長者を目指せる”宝くじの王様”と言えるでしょう。

1等の当選確率は、まさに「雷に打たれる確率」とほぼ同じ計算です。

宝くじの種類 1等の当せん金額 当選確率
バレンタインジャンボ 2億円 1/1000万分
ドリームジャンボ 3億円
サマージャンボ 5億円
ハロウィンジャンボ 3億円
年末ジャンボ 7億円 1/2000万

1等当せん額が大きい年末ジャンボのみが2倍の確率となっているようで、知名度や人気度とボーナス時期や年末というシーズンならではの確率と言えそうですね!

ロト宝くじの当選確率は?

ロトくじはキャリーオーバー制の数字型宝くじのため、当選者がいない場合は次回の当選金に上乗せされる宝くじです。

ロトくじには大きく分けて「ロト7」、「ロト6」、「ミニロト」があり、当選の方法は自分が選んだ数字とランダムに抽選された数字がいくつ一致するかで東急が決まります。

  • ロト7…1から37までの数字から選んだ7個の異なる数字と抽選数字が一致した個数で決定
  • ロト6…1から43までの数字から選んだ6個の異なる数字と抽選数字が一致した個数で決定
  • ミニロト…1から31までの数字から選んだ5個の異なる数字と抽選数字が一致した個数で決定

それぞれで1等を当てようと思った場合の当選確率をまとめてみました。

ロト7の当選確率

等級 当選基準 当選確率
1等 選んだ数字が7個の当選数字とすべて一致 1/10,295,472
2等 選んだ数字のうち5つの数字が当選数字と一致、かつボーナス数字2つのうち1つと一致 14/10,295,472
3等 選んだ数字のうち6つの数字が当選数字と一致 196/10,295,472
4等 選んだ数字のうち5つの数字が当選数字と一致 9,135/10,295,472
5等 選んだ数字のうち4つの数字が当選数字と一致 142,100/10,295,472
6等 選んだ数字のうち5つの数字が当選数字と一致、かつボーナス数字1つまたは2つと一致 242,550/10,295,472

ロト7の1等当選はジャンボ宝くじほどの当選確率ですが、キャリーオーバー時の当選金額はジャンボの当選額を上回ることもあります。

ロト6の当選確率

等級 当選基準 当選確率
1等 選んだ数字が6個の当選数字とすべて一致 1/6,096,454
2等 選んだ数字のうち5つの数字が当選数字と一致、かつ残りの1つの数字がボーナス数字1つと一致 6/6,096,454
3等 選んだ数字のうち5つの数字が当選数字と一致 216/6,096,454
4等 選んだ数字のうち4つの数字が当選数字と一致 9,990/6,096,454
5等 選んだ数字のうち3つの数字が当選数字と一致 155,400/6,096,454

600万人に1人の確率で当たるロト6の1等は1億円を狙う場合には2番目に当てやすい宝くじです。

バレンタインジャンボの1等当選金と同程度の2億円(理論値)が当たる計算ですが、ロト6のほうが期待値が大きいと言えます。

ミニロトの当選確率

等級 当選基準 当選確率
1等 選んだ数字が5個の当選数字とすべて一致 1/169,911
2等 選んだ数字のうち4つの数字が当選数字と一致、かつ残りの1つの数字がボーナス数字1つと一致 5/169,911
3等 選んだ数字のうち4つの数字が当選数字と一致 125/169,911
4等 選んだ数字のうち3つの数字が当選数字と一致 3,250/169,911

ミニロトの1等は年末ジャンボプチに次いで1,000万円を当てやすい宝くじのひとつです。

2等になると約3万人に1人の計算で当選しますが、当選金額は15万と額もかなり落ちてしまいます。

ただ、ロトの中でも当選しやすいくじなので、ロト初心者にはチャレンジしやすい宝くじと言えるでしょう。

まとめ

当せん金額別で理論値を計算すると当たりやすい宝くじがあることが分かります。

  • 100万円を狙うならば『ナンバーズ4のストレート1等』
  • 1,000万円~2,000万円を狙うならば『年末ジャンボプチ1等』
  • 5,000万円を狙うならば『サマージャンボミニ1等』
  • 1億円以上を狙うならば『ジャンボ宝くじの1等前後賞』

せっかく宝くじを購入するのであれば、できるだけ当たりやすい宝くじでチャレンジしてみてください。

さらには、当たりやすい宝くじ売り場で買うのもおすすめです。

日本で一番当たりやすい宝くじ売り場である、西銀座チャンスセンターを試してみてくださいね。

西銀座チャンスセンターの口コミ・評判。当選者数日本一!アクセスと待ち時間の詳細あなたは宝くじを購入する時に、売り場を気にして買いに行った経験はありますか? 街で見かける宝くじ売り場には「〇〇宝くじ1等当せん大...
ドリームウェイの口コミ・評判と当たる買い方とは【宝くじ代行】みなさんは宝くじに関して、こんなお悩みはないでしょうか? 『宝くじを購入しようと思っていたのに、ついつい買うのを忘れてしまった』 ...