宝くじに当たる方法

宝くじの得する買い方!3連バラ・福バラ100・福連100とは

せっかく宝くじを購入するのであれば、できるだけ当たるような買い方をしたいですよね。

現にジャンボ宝くじの1等は7億円ですが、前後賞を合わせると10億を手にすることができます。

前後賞が当たる買い方をするだけで、当選金額が桁1つ変わってきます。

前後賞を狙うには『連番』、1等のみを狙うなら『バラ』と考えている方も多いかと思います。

しかし、それ以外にも前後賞を狙いつつ当選確率を上げる『3連バラ』『福バラ100』『福連100』という買い方があるのをご存知でしょうか?

今回は、宝くじを購入する場合に得する買い方をまとめてみました。

宝くじをお得に買いたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

宝くじの一般的な買い方

宝くじで一番よく知られている買い方は『連番』と『バラ』です。

連番やバラを指定して宝くじを購入した経験がある方も多いことでしょう。

知っている方も多いかと思いますが、まずは連番・バラをご紹介します。

『連番』のメリットとデメリット

「連番」という買い方は、同じ組で連続した番号を10枚ずつ購入する購入方法です。

例えば、下記のような買い方です。

  • 1組12340
  • 1組12341
  • 1組12342
  • 1組12343
  • 1組12344
  • 1組12345
  • 1組12346
  • 1組12347
  • 1組12348
  • 1組12349

下5桁が1つずつ数字が次の番号になっているため、「末等」(ジャンボの場合は6等の300円)と呼ばれる1番最下賞は必ず当たる仕組みとなっています。

この「連番」の買い方のメリットとしては、例えばジャンボ宝くじの1等が「1組12345」の場合、手元には前後賞の「1組12344」と「1組12346」が残るため、前後賞の取りこぼしなく10億を手にすることができるという点です。

ただし、デメリットとしては、組が同じなため抽選日に組を見ただけですべてがハズレということが分かってしまうこと。

宝くじ特有の数字の確認をする楽しみが減ってしまいますが、当たれば取りこぼしがない買い方と言えるでしょう。

『バラ』のメリットとデメリット

「バラ」と呼ばれる購入方法は、文字通り「組」も「番号」もバラバラになっている宝くじのことです。

ランダムな数字ですが、下5桁目が0~9の数字が揃っているため、連番と同じく「末等」は必ず当たる仕組みになっています。

どれが当たるか分からないというドキドキ感や抽選日に最後の1枚まで希望が持てるのは「バラ」ならではのメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、仮に1等が当たった場合は1等の前後賞を逃す確率が高いということです。

そのため、1等の前後賞がない「ミニくじ」などでは損をしない買い方と言えます。

枚数を指定する買い方

例えば1万円分の宝くじを購入する場合、連番やバラで購入すると300円×33枚となり、端数の3枚が出てきますよね。

この場合は3枚を単品買いすることになるため、合計33枚(9,900円)の宝くじを購入することができるのです。

宝くじは1枚からの購入ももちろん可能なので、1,000円を軍資金に「ジャンボ宝くじを3枚ください」と言えば900円で購入することができます。

また、この時に「〇組の宝くじをください」「最初の2桁は〇〇で」と言えば、販売店舗に指定した組や桁番があれば購入することも可能です。

桁の指定は最初の2桁のみの指定しかできませんが、自分のラッキーナンバーや誕生日などに合わせて購入ができますよ!

宝くじの得する買い方

連番・バラ以外にももっと得する買い方があります。

  • 3連バラ(縦バラ)
  • 福バラ100(特バラ)
  • 福連100・特連

この3種類の買い方を覚えておくと、宝くじがもっと楽しいものになるでしょう。

『3連バラ(縦バラ)』

「3連バラ」や「縦バラ」と呼ばれる買い方は、30枚セット(9,000円)で購入することができ、最低でも900円以上が当たる計算です。

バラを3セット購入する買い方ですが、注目したいのは1セットごとに入っている組や番号を縦に並べると連番になっているということ。

例えば、3連バラ(縦バラ)を1つ購入した時は下記のような感じになります。

1枚目 2枚目 10枚目
1セット目 01組10000 77組23456 123組90010
2セット目 01組10001 77組23457 123組90011
3セット目 01組10002 77組23458 123組90012

つまり「3連バラ(縦バラ)」は、最後のケタである下5桁が連番になっており、同じ組が入っているため、1等に限らず前後賞まで狙いやすい買い方です。

バラと連番の両方の良さをあわせもった買い方なのです。

「3連バラ(縦バラ)」のメリットとデメリット

3連バラ(縦バラ)で購入するメリットは下記の通りです。

  • 10枚単位の連番なので1/10は当選する
  • 様々な番号が揃い、かつ前後賞が狙える

前後賞が狙える「連番」とランダムで幅広い等級を当てやすい「バラ」の両方のメリットが受けられるのは3連バラの魅力。

逆にデメリットは下記の通りです。

  • 最低でも9,000円から購入することになる
  • 1枚外れたら連続する番号もハズレが分かってしまう
  • 販売している宝くじ売り場が少ない

大きな販売所や有名な売り場でしか取り扱いがないですが、大きなデメリットもなく、特殊な購入方法をしたい宝くじ初心者にもおすすめです。

『福バラ100・特バラ』

「福バラ100(特バラ)」という買い方は、100枚(30,000円)で購入する購入方法で、最低でも6,000円以上が当たる計算になります。

年末ジャンボの「福バラ100(特バラ)」の特徴としては、200組まである組のうち100種類分が入っており、下2桁は00~99まで入っているため 幅広く当選させるチャンスがある買い方と言えるでしょう。

「福バラ100・特バラ」のメリットとデメリット

福バラ100(特バラ)のメリットは下記の通りです。

  • 必ず6等(3000円)1枚と末等(300円)10枚の計6,000円は返ってくる
  • 色んな等級を狙うことができるため高額当選も期待できる
  • 当せん日の番号確認も楽しめる

逆にデメリットは下記の通りです。

  • 最低でも3万円の支出が必要になる
  • 1等と前後賞を同時には狙えない
  • 販売している宝くじ売り場が少ない

数字はバラバラなので前後賞を狙うことは出来ませんが、バラがたくさん楽しめるぶん抽選日の楽しみも増えます。

特別に準備されることから数に限りがあるので、売り切れる前に早めに購入するのがおすすめです。

『福連100(特連)』

「福連100(特連)」とは、「福バラ100・特バラ」と同じく最低でも6,000円以上の当選が確保された買い方で、いわゆる連番の詰め合わせ。

通常の連番を10セット購入する時との違いとしては、下2桁が00~99の番号が揃っていることと組番号が10種類入っていることです。

「福連100(特連)」のメリットとデメリット

福連100(特連)のメリットは下記の通りです。

  • 1等+前後賞が同時に狙える
  • 必ず6等(3,000円)1枚と末等(300円)10枚の計6,000円は返ってくる
  • ほかの高額当選もある程度狙うことができる

逆にデメリットは下記の通りです。

  • 最低でも3万円の支出が必要になる
  • 幅広い組番号をカバーできない
  • 販売している宝くじ売り場が少ない

1等の前後賞まで購入することができる買い方なので、できるだけバラバラの組番号を購入し、かつ連番にこだわりたい人にはオススメの購入方法です。

福連100(特連)は西銀座チャンスセンターのような大きな宝くじ売り場で購入してください。

小さな宝くじ売り場だと、ただの「連番」を10セットで渡されることがあります。出来れば、取り扱いをしているか事前に確認をしましょう。

西銀座チャンスセンターの口コミ・評判。当選者数日本一!アクセスと待ち時間の詳細あなたは宝くじを購入する時に、売り場を気にして買いに行った経験はありますか? 街で見かける宝くじ売り場には「〇〇宝くじ1等当せん大...

「縦バラ」「福バラ100」「福連100」はどうやって買う?

宝くじをどのような組と番号の並びで買うかを決めたら、あとはその呼び方を覚えるだけ。

宝くじ売り場の店頭に行って「縦バラで30枚ください」「福連100をひとつ」というふうに売り場の人に頼むと、言われた通りの買い方できちんと出してくれます。

ただし、小さな宝くじ店だと取り扱いをしていない場合が多いです。

また、在庫がない場合があります。

おすすめは、ネットで宝くじが買える『ドリームウェイ』の宝くじ購入代行サービスです。

「縦バラ」「福バラ100」「福連100」といった買い方をネットで指定できるため、わざわざ店頭で説明する必要がありません。

さらに、日本で一番宝くじが当たる、西銀座チャンスセンターで宝くじを買ってきてくれるので、宝くじが当たる確率が高くなるのです。

詳しくは、ドリームウェイの口コミ・評判の記事をご確認ください。

ドリームウェイの口コミ・評判と当たる買い方とは【宝くじ代行】みなさんは宝くじに関して、こんなお悩みはないでしょうか? 『宝くじを購入しようと思っていたのに、ついつい買うのを忘れてしまった』 ...

まとめ

宝くじ1枚1枚の当たる確立は同じでも、買い方次第では確立をアップさせることができます。

基本的な「バラ」や「連番」でしか購入していなかった人でも、「特バラ」や「縦バラ」などの購入方法をためしてみるこことで、今までの買い方よりも確立がアップするのではないでしょうか。

また、日本で1番多く高額当選者を生み出すと評判の「西銀座チャンスセンター」では「特バラ」と「縦バラ」を合わせたオリジナルの購入方法「特縦バラ」で購入方法ができます。

この「特縦バラ」は他の売り場で購入することができないので、売り場が近い人であれば運試しに購入してみるのもオススメです。

遠くに住んでいて「西銀座チャンスセンター」まで行けない人や、忙しくて並ぶ時間がない人の場合はドリームウェイというネットで宝くじが購入できるサービスから購入することができますよ!