宝くじ当選後

当たった宝くじ当選金の換金方法と換金場所。1億円は持ち帰れる?

宝くじは10枚セットを購入すると、必ず末等の300円が当たります。

たった300円と言っても、大切なお金なので換金しない手はありませんよね。

末等の場合は宝くじ売り場でその場で換金してくれます。

一方、1等や2等などの高額当せん金の場合はどうやって換金するかご存知でしょうか?

いつか当たるその日に向けて、換金方法を理解しておくのも金運アップの一つの手となるでしょう。

今回は、宝くじが当せんした場合の換金方法や換金場所、受け取りに必要なものについてご紹介します。

宝くじの換金方法は?

宝くじの換金の流れは下記の通りです。

  1. 宝くじ売り場にくじを持っていく
  2. 当せん番号を機械で読み取りチェックをしてもらう
  3. 当たった当せん金と外れたくじを受け取る

何枚持ち込んでもきちんと機械で識別してくれるので、自分で当せん確認をするのが面倒な人は宝くじ売り場へ持ち込んでみましょう。

どこで換金出来る?

実は、宝くじ売り場なら購入した店舗でなくても換金はできます。

そのため、自宅付近で購入した宝くじを職場の近くで換金したり、旅先で当せんが分かっても最寄りの売り場に持ち込むことで簡単に換金してもらえます。

ただし、1万円以上の換金はみずほ銀行でしかできない場合や、ナンバーズなどの数字式のくじの読み取り機がない場合は、少額当せんであっても換金はしてもらえません。

宝くじ売り場に5万円マークのついている店舗であれば5万円以下の換金ができるので販売員さんに換金できるか確認し、できない場合は近場で換金してもらえる宝くじ売り場を聞いてみましょう。

いつまで換金してもらえる?

「少額当せんだからそのうち換金しよう…」と換金を先延ばしにしていると、宝くじの換金できる有効期限を過ぎてしまうことにもなります。

大体の宝くじは換金スタート日から1年以内の換金にしか対応していないため、少額の当せん金であっても面倒くさがらず忘れないうちに早めに換金しておきましょう。

換金に必要な持ち物は?

宝くじの換金に必要なものは、当せんした金額によって異なります。

当せん額 換金場所 必要書類
~5万円まで 宝くじ売り場 宝くじ券のみ
5万円以上~50万円未満 みずほ銀行 宝くじ券のみ
※裏面に名前や住所を記入が必要
50万円以上~100万円未満 みずほ銀行 宝くじ券
※裏面に名前や住所を記入が必要
運転免許証などの身分証明証
100万円以上~ みずほ銀行 宝くじ券
※裏面に名前や住所を記入が必要
運転免許証などの身分証明証
印鑑

簡単な覚え方としては、50万円以上から身分証、100万円以上から印鑑が必要になると覚えておくと、スムーズに換金ができます。

ただし、100万円を超えた場合は受け取りまでに2週間程度はかかり当日持ち帰ることは出来ないので、余裕を持って換金しに行くのがオススメです。

また、100万円未満の場合は現金をそのまま持ち帰ることができるので、憧れのお札の束をお目にかかれますよ!

一億円が当選!現金を持ち帰れる?

宝くじで夢の1等当せんなどした場合、当せん金の億単位のお金は現金のまま持ち帰ることができるのでしょうか?

持ち帰れるがリスクが高い

億単位のお金のような高額当せんをした場合、時間がかかるものの現金をそのまま持ち帰ることはできます。

ただし、鍵付きのアタッシュケースを準備したところで、銀行の1歩外に出た瞬間から防犯上非常に危険で現実的ではありません。

せっかく当せんした大金を盗まれたり人に見られたりすれば、盗みにあったり噂になってしまいかねないので、銀行員さんの提案通り銀行口座に送金してもらうほうが良いでしょう。

億単位のお金は重くて大変

その他にも銀行に預けた方が良いもうひとつの理由があります。

何とも贅沢な悩みですが、億単位のお金は非常に重くて持ち歩きは現実的ではないということ。

1億円の重さは約10kgと言われているので、仮に年末ジャンボなどで1等と前後賞が当せんして10億円ともなれば100kgの重さのお金を運ぶことになります。

お目にかかりたい気持ちは分かりますが、重くてかさばる現金は持ち運びに向いていないので銀行口座に入れておくほうが賢明ですね。

換金した宝くじ。記念に取っておくことはできる?

せっかく宝くじが当せんしたら、当せんした宝くじ券を記念に保存しておきたいと思う人も多いのではないでしょうか。

ですが、宝くじは「当たり券と当せん金を交換」することが条件でもあるため、残念ながら手元に残しておくことは出来ません。

ただし、記念撮影や動画に当たり券を撮って残しておくことは可能なので、どうしても取っておきたい場合は写真や動画におさめておきましょう。

宝くじが汚れた・破損した。換金できる?

お札や硬貨は破損状態が酷い場合はお金としての価値が無くなってしまいますが、宝くじ券の破損や汚れはどうでしょう。

実は、宝くじの券はお札などと一緒で「有価証券」に分類されるため、酷い損傷や破れなどがある場合は換金をしてもらえないので要注意。

具体的には、

  • 当せん番号の並びや回・組・数字が確認できないほどの汚れや破損
  • スクラッチの絵柄が確認できないほど削りすぎている
  • 機械で読み込めない
  • 数字選択式の宝くじの場合はバーコード部分の破損

これらの場合はいくら1等が当せんしていても換金を断られてしまうので、抽選日までは大切に保管しておくのをおすすめします。

宝くじ購入代行サービスでは自分で換金しに行けない?

自分で宝くじ売り場に並ばずに購入できる宝くじ購入代行サービスを利用して宝くじを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか?

有名な会社で言えば、日本一宝くじが当たる売り場「西銀座チャンスセンター」にネットから購入を申し込める『ドリームウェイ』が人気です。

実は、『ドリームウェイ』のような代行サービスで購入した場合でも換金は自分で行うことができます。

面倒な購入は任せることができ、抽選日の番号確認のお楽しみはそのままなので、宝くじに興味がない人や宝くじ初心者にもおすすめです。

ドリームウェイの口コミ・評判と当たる買い方とは【宝くじ代行】みなさんは宝くじに関して、こんなお悩みはないでしょうか? 『宝くじを購入しようと思っていたのに、ついつい買うのを忘れてしまった』 ...

まとめ

宝くじは当たったら必ず換金をしましょう。

換金場所と持ち物、換金期限は下記の通りです。

  • 5万円までなら宝くじ売り場で換金できる
  • 5万円を超えるとみずほ銀行で換金できる
  • 50万円以上から身分証、100万円以上から印鑑が必要
  • 宝くじの換金期限は発売開始から1年以内
  • 『ドリームウェイ』などの代行サービスで購入した場合でも換金は自分で

宝くじは抽選日までの楽しみがあるのが魅力ですが、換金するのを忘れてしまってはせっかくのチャンスも逃してしまいます。

購入も換金も確実に行ってこそ一攫千金を掴むことができるので、気になる人はぜひ自分の運を試してみてくださいね!

西銀座チャンスセンターの口コミ・評判。当選者数日本一!アクセスと待ち時間の詳細あなたは宝くじを購入する時に、売り場を気にして買いに行った経験はありますか? 街で見かける宝くじ売り場には「〇〇宝くじ1等当せん大...